1. HOME
  2. ブログ
  3. 頑張るイリス生たち①

頑張るイリス生たち①

みなさんこんにちは。イリスインターナショナル のフランクです。

海外大学出願がピークを迎え、夏の留学相談も連日お問い合わせをいただいております。子どもたちのキャリアを一緒になって考えることは、私の喜びでもあり、日々楽しくカウンセリングをさせてもらっています。ありがとうございます。

さて、イリスアカデミーに通う子たちの頑張りを、なかなか紹介できずにいましたので、2・3月の各種検定の結果などを紹介したいと思います。

まずは高校3年生(現在海外大学進学準備生)の子のIELTSから。彼女は半年前に台湾の大学進学(オールイングリッシュコース)を希望してイリスアカデミーに入りましたが、当初は全く英語ができず、海外大学に必要なTOEFLやIELTSの対策どころではありませんでした。

日々メールやラインで指示を送り、週3回のイリスでの対面指導を通じて、3ヶ月間でようやく基礎英語の習得を終えました。その後はIELTSの方が適正ありと判断し、IELTS対策を行うことに決定。リスニングとスピーキングが間に合わないと判断し、高校3年次の冬に2ヶ月のセブ島スパルタ学校への留学を決めました。

セブ島のスパルタ留学で大いに刺激を受けた彼女は、ものすごい成長を遂げて帰国しました。ただし帰国後もスピーキングとライティングが目標ラインに到達していなかったため、IELTSの試験日までにマンツーマンで対策を続けました。

台湾の大学に出願するまでに、彼女に与えられたチャンスは2回。これを逃すと、半年後に再チャレンジするか、セブ島の語学学校で学生マネージャー(英語を勉強しながら仕事をする、授業料は無料)をする予定でいました。

結果、彼女は1回目で大学側の求める英語基準を達成しました。セブ島でのスパルタ留学中の毎週の模擬テストでもライティングとスピーキングは3.0や3.5だったのですが、帰国後にアカデミーで集中特訓を行い、見事に本番で自己ベストを更新しました。

現在、複数の大学に出願中ですが、この努力が報われることを願います。

 

イリスアカデミーに在籍の生徒は、イリスが提携している世界の学校に「手数料無料」「特別価格」で留学することが可能です。彼女のように「日々の英語学習+留学」を組み合わせることで、難しい目標も短期間で達成することが可能です。海外大学に挑戦したい生徒は、現在の英語力を問わず、イリスでチャンレジしてみてください。

 

海外大学進学・海外留学

イリスインターナショナル

 

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事