1. HOME
  2. ブログ
  3. 頑張るイリス生たち②

頑張るイリス生たち②

みなさんこんにちは。イリスインターナショナルのフランクです。

イリス生たちがこの春に受検した英検の結果を紹介します。(現在、夏の留学申し込み、海外大学出願のピークを迎えているため、なかなか時間的な余裕がなく、みなさんの頑張りをすぐに紹介できずに申し訳ありません。)

イリスアカデミーに通う高校3年生(受験当時高校2年生)の子ですが、帰国子女などを除く純日本人高校生には非常に難しいと言われている英検準1級(大学中級レベル)に見事合格しました。英検準1級というと、日本の中学教員取得率33.6%、高校教員取得率65.4%(2018/4/6文部科学省発表)と非常に難しいレベルです。

結果を見るにライティングの満点が大きかったですね。1年前はほとんどエッセイも書けなかった子ですが、日々良質な文章を読みながらライティングのパターンを習得し、定期的にエッセイ添削を受けながら成長を遂げてきました。苦手としていたスピーキングもマンツーマンレッスンにて練習に練習を重ね、よく合格ラインまで到達しました。

英検準1級を合格したことで、国内大学においては「国立千葉大学/国際教養学部/英語満点扱い」「私立明治大学/国際日本学部/英語満点扱い」など、大学受験に様々な恩恵を受けることができます。

また最近では「英検を英語資格として認定している海外の大学」が非常に増えて来ています。英検準1級取得者であれば、アメリカの大学ではアーカンソー州立大学、カリフォルニア大学ロングビーチ、ウエストジョージア大学、モンタナ州立大学などをはじめとした多くの大学で出願が可能になります。(オーストラリアやカナダでも一部英検を英語資格として認めている高等教育期間があります。)

本生徒は、高1の時に英語が学年最下位近くまで下がり、高2の春に部活動を辞めるという条件で入会をしました。イチロー選手が言うように「何かを手に入れるためには何かを捨てる」を実践しましたね。今ではすっかり英語好きになり、今も日を追うごとに成長しています。

本人はまだ国内大学か海外大学かを悩んでいるようですが、どちらを選択したとしてもしっかりと結果を出してあげられるよう、引き続きサポートをしていきたいと思います。(6月に台湾の大学の見学に行くとのことです。学費も安く、英語と中国語が学べるので近年オススメの留学先の1つです)

海外大学進学・海外留学  イリスインターナショナル

 

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事