1. HOME
  2. ブログ
  3. カナダからの手紙④ ~アンケート調査の結果~

カナダからの手紙④ ~アンケート調査の結果~

カナダの高校に留学中のKarinさんのプロジェクトの1つとして、日本とカナダの教育文化の違いに関してのレポートを発信してもらっています。

今回は第4回目になります。それではご覧ください。

第1回の記事はこちら

第2回の記事はこちら

第3回の記事はこちら

(記事の作成者)Karinさん

初めまして。私は現在カナダの公立高校に留学生として通っています。 私はこの海外大学情報ナビさんを通して、日本とカナダの教育の違いを、現地の生徒や先生にインタビューをしたり深く調べたりした物を、皆さんに発信していこうと思います。よろしくお願いします!

なぜ私たちは勉強するのだろうか?

皆さんは、なぜ自分は勉強をしているのだろう。なぜ必死になって勉強をしているのだろうか。と、考えたことはありますか?

人それぞれ思うことは違ってきますが、こう思ったことがある人も多いのではないでしょうか。少なくとも私は、中学3年生の夏ぐらいから、自分がしている勉強に対しての価値や意味を感じられずにいました。日本の勉強法は詰込み学習で、試験前に沢山の事を勉強して8教科ぐらいの内容を理解してそれらを3日程のペーパーテストで成果を発揮するといった事への価値がわからなかったです。

中学生の時はそれなりに勉強が得意でした。中学3年生の時は、全ての学期において勉強を頑張ったため学年成績優秀者に選ばれました。とても嬉しかったです。しかし、それと同時に不安や心地よくない気持ちもありました。なぜなら、毎回のテストのために私は頑張っていただけであって、テストが終わるとテストのために勉強したことのほとんどを忘れてしまっているからです。自分が頑張っていることは紛れもない事実であるのに、それらの半分ほどは知識として身につくことがなく忘れて行ってしまう事に焦りを感じていました。

そして留学中の今、現地で一緒に勉強してみて、勉強に対する意識はどのように違うのか興味を持ったので、インタビューをして比較してみました。

インタビューの結果

今回、私の周りにいる日本とカナダにいる友達に協力してもらってインタビューをおこないました。

9人(8人:女子 1人:男子)ずつgrade10(高校1年生)の日本人とカナディアンに協力してもらいました。

1. What does studying /learning mean for you? (あなたにとって勉強とはなんですか?)

🇯🇵 将来に役立つ/成功する/人生をより良くするためのもの /新しい事を学べるもの /受験や進学に必要な大嫌いだけどしなくはいけないもの

🇨🇦 自分に沢山の知識を与え、自分を成長・成功させるもの /毎日新しい何かを見つけられる楽しくてすばらしいもの

⇒勉強に対する彼らの考えは基本的に同じだとわかりました。少しカナディアンの方が勉強に対する考え方はポジティブだったようにインタビューをして感じました。

2. Do you like studying? (勉強は好きですか?)

🇯🇵 Yes1人/ Ok2人/No6人

🇨🇦 Yes2人/Ok5人/No2人

⇒両社とも勉強が好きという回答は少なかったです。どの国もこれは共通なのでしょうか。(笑)一方で日本側の結果は、75%がNoと答えたのと対照的にカナダ側は、75%がOk(普通)と答えました。日本側は、勉強そのものに対して良い/楽しいイメージを持ってないのに対して、カナダ側は75%が教科によって楽しいと答えました。彼らは自分の得意の分野または興味のある分野に対しては勉強を楽しんでいると答えました。

3. What is your plan after graduation?( 高校卒業後の計画は何ですか?)

🇯🇵 大学に行く(回答率100%)

🇨🇦 大学orカレッジに行く /一年の休みをとる

⇒日本側は全員が大学に行くと答えたのに対してカナダ側は様々な面白い回答が得られました。カナダ側はただ“大学に行く”ではなく彼らのほとんどが大学で何を学びたいかもうすでに決まっていました。名前の知られている大学に行くのではなく、自分のさらに学びたい分野を深められることの出来る大学に行くことが大学進学への目的です。また、1年休みを取るといった回答は複数あり理由は人それぞれあると思いますが、ある女の子は世界をもっと自分の目で見てみたいという理由で休みをとる予定だそうです。日本は卒業後大学に進まないのは珍しい事ですが、カナダの人達は自分の成長の為 に色々な選択肢を選ぶ人がいます。

4. Why do you want to go to the university? (people who answered “university” at No.3) (なぜ大学に行きたいのですか?)

🇯🇵 将来の選択肢がひろがるから/就職に役立つし大学に入るのがやりたい仕事を得るのに一番の近道だから/いろいろな人と交流したいから/周りの目があるから/もし日本が大学に行くことが当たり前の選択肢ではないのだったら大学は行きたくない

🇨🇦 仕事を得るのに役立つから/大学に入るのが夢だから/自分の目標を達成するのを助けてくれるから/成功した人生をおくるため

⇒両者とも自分の将来のために大学に入るといった意見があります。しかし、日本側の回答の中には卒業後に大学に行くことが普通の選択肢になっていることが理由で大学に行くといった意見もありました。日本の一般的な大学に対する考え方や観念が日本の若者に対して、大学へ行く意味を見失わせているように感じます。

インタビューを終えて

勉強というものの捉え方が、カナダの人々の方が自分の成長のためにする便利で大切なものという風に認識しているといえます。また、日本の若者が大学に行く意味を持たず一般的に行くのが普通となっているから大学へ行くといった人もいるという現状がわかります。

私はカナダに来て思ったことは、カナダの学校ではcareerという授業で将来について深く勉強します。将来何になりたい?なんで?ということを授業で時間をしっかり取って生徒たちに考えさせます。私は日本の学校においても、もっと自分たちのキャリア・将来について学ぶ授業を増やすべきだと思います。それは必ずや私達若者が自分のやりたい事を探すのに役立つと思っています。

Karinさん、ありがとうございました。

Karinさん、ありがとうございました。やはり現地で実際にインタビューして得た情報は非常に興味深いものですね。Karinさんの文化比較研究はまだまだ続いていきます。これからもよろしくお願いします。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事