1. HOME
  2. ブログ
  3. 勉強の醍醐味

勉強の醍醐味

僕がなぜ子どもたちに「真剣さ」を求めるのか?
答えは1つ。
「生徒達にもっと自分自身を良く知ってほしいから」である。
一生懸命、真剣に勉強に取り組むということは、
「真剣に自分自身と向き合う」のと同じである。
自分自身と真剣に対峙して初めて自分自身を知ることになる。
自分自身がどんな行動を好み
自分自身がどんなものを嫌い
自分自身が何ができて
自分自身が何ができないのか
こういった事を、真剣に勉学に取り組む事で学んでいくのである。
自分自身が分かるようになると、自分の居場所を見つけられる。
例えば、真剣に勉学に取り組んだ結果、それが自分の道じゃないと思うのなら
堂々と勉強以外の道に進み、そこで精一杯頑張ればよいと思う。
「1年間、死に物狂いで猛勉強しても東大に入る能力がない」
と自分が「過去の経験」から分かるのであれば、別の大学でも満足するはずだ。
自分にプレッシャーをかけ、自分を否定し、精神を病むこともないだろう。
やる気のない子が
「都立上位校に入りたいです」

「現役で国立大学に入りたいです」
というのも同じ。
これは夢ではなくただの「妄想」でしかない。
自分と向き合っていないから、現実的な予測ができないのである。
(自分が1日30分も勉強できない人間だと分かっていたら、言えるでしょうか?)
生徒達にはとにかく真剣に取り組んでほしい。
そして自分自身をよく知ってほしい。
これが「勉強の醍醐味」だと私は思う。
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事