1. HOME
  2. ブログ
  3. プレゼンの日

プレゼンの日

みなさんこんにちは。イリスインターナショナルのフランク片桐です。

本日のイリスアカデミー(平日開催の少人数英語塾)はプレゼンテーションのレッスンを行いました。前もってPower Pointの使い方を練習し、本日の本番まで各生徒が準備をしっかりとしてきました。多くの人が人生初のプレゼンを、英語で、外国人の前で行うのですから、さぞかし緊張したことでしょう。

イリス生たちは自分のプレゼン評価を「30点」「40点」など低く採点していましたが、僕はそうは思いません。経験がない、さらに情報もそれほど与えていない中で、十分良くできたと思っていますよ。本日のレッスン後に一人ひとりに与えたアドバイスをしっかりと受け止め、次回のプレゼンの時に成長した姿を見せてください。

アメリカの子どもたちは幼少期からプレゼンテーション能力(表現力、論理力、主張力)が求められます。小学4年生くらいでPower Pointを習い始め、小学校5・6年生ではプレゼンテーションや論文指導を受けます。文化圏が違うと、教育制度も異なりますから、国民の性格や知識や考え方が国によって変わるのは至極真っ当なことですね。

日本人がなぜ英語を話すことを苦手としているのか。というより相手に伝わる正しい英語を話しているのに、なぜ勝手に自信をなくして自滅していくのか。教育制度にも大きな原因があると思います。英語4技能化が叫ばれていますが、くれぐれも資格試験だけを狙った形だけの英語教育にはならないで欲しいと切に願っています。

海外大学進学・海外留学 イリスインターナショナル

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事