1. HOME
  2. ブログ
  3. 英語を話すだけでは上手くはならない

英語を話すだけでは上手くはならない

みなさんこんにちは。イリスインターナショナルのフランク片桐です。

先日のイリスアカデミー(平日開催の少人数英語塾)にて、あるイリス生の勉強への取り組み方が非常に素晴らしかったので共有したいと思います。

将来は海外の大学進学も視野に入れたいとのことで、イリスに通い始めた中学生の彼女。今までは週に1回、大手英会話スクールに通ってネイティブとグループレッスンをしていたそうです。イリスの方針や考え方に賛同してくれて、イリスで英語を学ぶこととなりました。

僕のアドバイスで彼女は毎日オンライン英会話を行うこととなりました。今までは週に1回のグループレッスンのみで、実際に自分が発言する時間は10~15分程度だった彼女ですが、今では毎日25分間、マンツーマンで英語を話す時間を持つようになりました。またこの1週間だけでも、ルーマニア、セルビア、フィリピン、モンテネグロなどなど様々な国籍の人と英語で会話をしたそうです。

イリスに通塾時は彼女の英会話力をチェックしては都度アドバイスや新しい目標を与えています。たった1週間しか経過していませんが、すでに自己紹介や簡単な会話も含め、大きく成長していて感心しました。やはりこれは「場数をこなす」ことでしか感じられないことだと思っています。

また前回のレッスン時では、日本の事を英語で思うように説明できなくて悔しい思いをした彼女。自ら「うどんが美味しい」と相手に伝えながらも、うどんのことを英語で説明できなかったのです。もちろん僕はこれに関して重要なアドバイスを行いました。

今週、彼女の英会話を聞いていると、うどんについて英語で説明をしていました。そう、彼女は毎日の英会話でしっかりと課題分析をし、その都度自分が得た知識や表現を習得し血肉化しようと努力しているのです。あまりにも素晴らしいので彼女のメモを撮らせてもらいました。

今では多くの子どもが英会話スクールに通うようになりました。また最近では、高校の授業でオンライン英会話を導入する学校も増えてきています。でもですね「ただ英語を話すだけでは上手くならない」ということを知らない方が多いように思います。(そのあたりのカラクリはいずれまた)

英語のレッスン、英会話を行う時は「目的意識」を常に持ってください。「獲得目標」「新しい知識」を都度手に入れるように努めてください。毎回毎回、同じ表現で自己紹介をしていませんか。ただ外国人講師とテキストを一緒に読んで時間を浪費していませんか。会話の後にアドバイスをくれる第三者がいますか。

特に高校の授業でオンライン英会話を導入している学校に多いのですが、「ただやっているだけ」「英会話を導入したという事実に満足」している方が多いように思われます。子どもにオンライン英会話を行わせる場合、目的意識を与える第三者の存在が非常に重要になります。本日もイリス生たちにはアドバイスを与えましたが、今日のようなアドバイス(社外秘)を高校や親ができるようになれば、もっともっと英語を話すことを好きになり、英語を話せる日本人も増えていくと思います。

海外大学進学・海外留学 イリスインターナショナル

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事