1. HOME
  2. ブログ
  3. 悔しがるイリス生たち

悔しがるイリス生たち

みなさんこんにちは。イリスインターナショナルのフランク片桐です。

先日、海外大学進学を希望するイリス生たちが、日本政府主催の国際交流事業のJETプログラムのイベントに参加してきました。世界中から集まってきた学生たちと議論を交わすことで、よりパワーアップできたのではと思います。

食事会でも色々な国の学生と意見交換をしたイリス生たち。数名の子が同じようなことを海外の学生から言われたようです。

「日本の大学の学習内容は簡単すぎないか。アルバイトやサークル活動ばかりしている子はいつ勉強をしているのか。」

「なぜ日本の大学生は大学を卒業しているのにも関わらず英語が話せない人が多いのか。」

なかなか正しく理由を伝えることができなかったみたいですが「とにかく悔しかった!」という子が数名いました。

日本の大学生たちにはもっともっと世界を見てほしいし、高等教育を選択した大学生としてのプライドを持って、世界から見た日本の大学教育のイメージ回復のためにも頑張ってほしいと思います。

くれぐれも「人生の夏休み」などと揶揄されないような学生生活を送ってほしいものです。(ある生徒が日本に留学中のエジプト人から言われたようです、泣)

海外大学進学・海外留学・英語指導 イリスインターナショナル

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事